辻元舞(モデル)が水彩画で特待生になれるほど絵が上手い理由は?【プレバト】

こんにちは、もっちです☺

プレバトでカリスマモデルの辻元舞さんが、なんと初挑戦で特待生になってしまいました!

今回のプレバトではいきなり2人も特待生が登場して楽しかったです。

辻元舞さんというとモデルさんということしか知らなかったのですが、絵の才能もお持ちなのですね。顔がきれいなだけではなくて、絵の才能も持っていてうらやましい限りです。

そんな辻元舞さんがどんなひとなのか、プロフィールやプレバトでいきなり特待生に選ばれるほど、絵が上手い理由について調べてみました。

スポンサードリンク

辻元舞(モデル)のプロフィール

それではまず辻元舞さんのプロフィールについて見ていきたいと思います。

氏名・・・辻元舞(つじもとまい)

生年月日・・・1987年2月6日

血液型・・・O型

出身地・・・京都府

趣味・・・ダンス・料理

特技・・・ダンス・絵を描くこと

所属事務所・・・スターダストプロモーション

辻元舞さんは兄との2人兄妹です。趣味・特技であるダンスは小学4年生のときから習い始めています。

元々は、USJのダンサーをしていて、22歳のときにモデルデビューを果たして、現在もモデル活動・そして女優業を続けています。

旦那さんは、USJのダンサーとのことですので、仕事をしている時に出会ったのではないかと思われます。

2人ともダンスが好きなので会話もあったのでしょうね。

辻元舞さんは現在、32歳で2児の母、天使すぎる母ちゃんとも呼ばれていて主婦の憧れの女性として今、大人気のモデルさんなんです。

著書も発行していて、今波になっている女性です。

スポンサードリンク

辻本舞(モデル)が水彩画で特待生になれるほど絵が上手い理由は?

tsujimotomai

辻元舞さんですが、プレバトの水彩画でいきなり特待生に選ばれるほどの才能の持ち主ですので、美大などの出身なのかなと思ったのですが、学歴については公表されていませんし、プライベートでは描いたことがないとの事ですので、芸大出身ではなさそうです。

それではなぜ絵が上手なのか。特技が絵を描くことということで、ふだんは、アイパッドで絵を描いていて、インスタでも公開されています。

tsujimotomai

引用・・・まい絵日記

かわいい絵ですよね。お子さんたちへの愛情が伝わってきますよね。

ですので、辻元舞さんの場合は、芸大などで専門的に絵を勉強していたわけではなくて、完全独学で、絵を描くことが純粋に好きで書いていくうちに上手になったのではないかと思われます。

【追記】

3月26日放送のプレバトでは、辻元舞さんが、色鉛筆の絵の査定で、見事、特待生3級へと昇給されました。

今回の特待生昇給の査定で、辻元舞さんに出されたお題は、“プリン”でした。

そこで辻元舞さんは、素敵なプリンの絵を披露、そして特待生3級に昇進をされました。

辻元舞さんは順調に昇格をされていっていますので、これからが楽しみですよね。

辻元舞プレバト画像

先生からは、プリンがとてもおいしそうということと不透明なプラスチックの容器をグレーうを使って上手く描いているということや、奥側のプラスチックに書かれている文字の色をきちんと変えている、ということなどお褒めの言葉を述べられていました。

スポンサードリンク

辻元舞(モデル)が水彩画で特待生になれるほど絵が上手い理由は?のまとめ

筆の画像

辻元舞さん、初めてプレバトの水彩画に登場して、いきなり特待生になってしまって驚きですよね。

野村先生からのコメントで、美大生でもこんな描ける人はいないとまでいうくらいの高評価。これから絵のお仕事もどんどん増えていくのではないでしょうか。

プロでもむずかしい構図を上手に描いているそうです。得点も30点中29点の高得点を獲得しました。

六平さん級とまで言われた辻元舞さん。これからのプレバトの水彩画でどんな絵を描いていってくれるのか、楽しみですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

こちらも合わせてお読みください↓↓

六平直政むさかなおまさ(水彩画)のプロフィールや特待生になるほど絵が上手い理由【プレバト】

野村重在先生(水彩画)のプロフィールや経歴、先生の絵画を学ぶには?【プレバト】

スポンサーリンク















シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク